ニューボーンフォトで「今」を残そう

ニューボーンフォトで「今」を残そう

困っている事

最近、ちょっぴりだけ困っていることがあります。

それは娘が可愛すぎること。なのに成長するスピードがはやすぎること。

はやい。

はやい。

はやすぎる。

いつのまにか色んなことができるようになっている。

いつのまにか、赤ちゃんから子どもに変わっている。

成長は嬉しいけれど、早すぎる成長に柄になくセンチメンタルな気持ちになる。

もっと赤ちゃんでいて。

もっと子どもでいて。

今のままでいてー!

でも、子どもの成長は、止まらない。
止めたくない。

じゃ、そのスピードに負けないためにはどうするの?

どうするかっていえば
ぼくはシャッターをおします。

動画も撮ります。

成長を喜びながら、今この瞬間も切り取っておきたいんです。

そして

冒頭「ちょっぴりだけ」困っていると書いたけれど、実は「猛烈に」後悔していることがあります。

ニューボーンフォトってなぁに?

それは 『ニューボーンフォト』を撮っておかなかったこと。

大阪に住んでいる友人がニューボーンフォトを撮るカメラマンです。

ニューボーンフォトとは、生後間もない赤ちゃんの生まれたての姿を写真に残すこと。新生児を神秘的に。さらにおしゃれに。

可愛く、残す、ニューボーンフォト。

友人のサイトをみてびっくりしました。

新生児、可愛すぎる。

見知らぬ赤ちゃんでもこんなに可愛いんだから、自分の子どもだったらと想像したら。

撮っておけばよかった!

28日間のニューボーン期間

新生児とよばれるのは人生でたった28日間だけ。

そしてニューボーンフォトを撮るチャンスのベストは生後6日から2週間。
(あ、寝ている姿とかにこだわりなかったら2ヶ月くらいまでは撮れるみたいです)

子どもの成長は早い。
その中でも新生児の時期はほんとに短い。

自分でも娘の新生児の写真はたくさん撮りました。
可愛い写真、たくさんあります。

でも。
なに、この布に包まれた可愛い赤ちゃん。
この包み方はプロにしかできないよ。
自分では怖くて包めない。

そして、パパ、ママ、赤ちゃんの素敵な写真。

いーなー。
撮っておけばよかったなー。

しかもカメラマンが家にきてくれるんだって。
お産したばかりのママにも、優しいシステムですね。

『生まれる前』から予約必須のニューボーンフォト

でも、あの生まれた直後のバタバタしている時にニューボーンフォトの予約なんて
できる自信がないです。

生まれたてのリアルな娘が可愛すぎて
サイト開いて予約より、抱っこしちゃいます。

みんなそうだと思います。

なので。

ニューボーンフォトに興味を持ったら生まれる前の予約が絶対にオススメ!

孫が生まれたら、最初のプレゼントはニューボーンフォトにすると決めました。

孫を産んだ娘と、娘の旦那さんと、孫のために。

あ、娘はいま2歳です。

 

私の友人が大阪でニューボーンフォトのカメラマンをしています!

https://www.mkphotowagon.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「ノマドワーカー」兼「主夫」の「ノマ夫」として毎日楽しく暮らしています。日々の生活の中にある「ちょっとした幸せ」を大事にしています。 当ブログではその数々を紹介していきたいと思います。