クールビズの着こなしでオシャレ度をアップするたった4つのポイント!

クールビズ
クールビズ

2005年から始まったクールビズも、すっかり日本のビジネスマンには定着しましたね。

クールビズはネクタイやジャケットを身につけない分、ごまかしがきかず着こなしのセンスが問われる服装です。

そんなクールビズ期間中もオシャレに着こなしたい!とお思う方向けに「これだけおさえておけば大丈夫!」な5つのテクニックをご紹介します。

1.Yシャツは「ボタンダウン」を選ぶべし

ボタンダウン

一番手軽にできるクールビズが、普段のスーツスタイルからジャケットを脱ぎ、ネクタイを外すだけのYシャツ姿。

街を歩いていても一番多く見かけますが、残念な着こなしが多いスタイルでもあります。

ネクタイをしめている時は、襟元がしまっているのでいいのですが、ネクタイを外した途端にYシャツの襟がダラっとしてしまい、「ダラシない」印象になってしまう事が多いです。

 

そこでオススメするのが「ボタンダウン」のYシャツです。

なぜボタンダウンが良いのかと言うと、襟先がボタンで留められているので襟がダラっとしません。

また、襟の高さがあるものを選ぶとパリッとした印象になり清潔感がでます。

クールビズが終わって、ネクタイをしめる時にもそのまま使えますので大変オススメなアイテムです。

 

2.ポロシャツも「ボタンダウン」を選ぶべし

Yシャツと比べるとボタンが少なく、伸縮性があり、楽ちんなポロシャツです。

ポロシャツもYシャツ同様ボタンダウンの物をチョイスしましょう。

襟元がキリッとしてカジュアルな中にも堅実な印象を相手にあたえる事ができますよ。

 

3.体型にフィットした細身の物を選ぶ

Yシャツ、ポロシャツ、パンツ全てにおいて細身のシルエットの物は、スッキリした印象をあたえます。

あまり体型に自身がなくても、思い切って細身のシルエットの物を着てみると、体型がスリムに見える様になります。

また、オシャレ度もかなりアップします。

 

体型を隠そうと大きめの サイズの物を選ぶと、なおさら逆効果で体型を隠すどころか大きい印象をあたえてしまいます。

40代以上のビジネスマンの方は、長年き慣れてきたサイズがあると思いますが、クールビズをきっかけにオシャレスリムなサイズを試してみてはいかがでしょうか。

 

4.ポロシャツは丈の短いものを選ぶべし

ポロシャツはズボンの中に入れる方と、外に出す方がいます。

どちらでも構わないと思うのですが、外に出す場合は丈の短いものをおすすめします。

たまに丈が長いポロシャツをお尻のあたりまで出している方を見かけますが、これは絶対NGです。

一言で言うとダサいです。

もし出すのであればそれにあった短めの物をチョイスしましょう。

 

結局は相手に良い印象をあたえる服装をこころがける

最終的には相手にどんな印象を持たれるかだと思います。

いくら自分が良いと思っても、相手が「暑苦しい」「だらしない」などの印象をもたれてしまってはなんの意味もありません。

服装がもたらす印象はビジネスにも少なからず影響があるはずです。

今年のクールビズは、着こなしに少しだけ意識を向けて、好印象なビジネスマンを目指してみてはいかがですか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「ノマドワーカー」兼「主夫」の「ノマ夫」として毎日楽しく暮らしています。日々の生活の中にある「ちょっとした幸せ」を大事にしています。 当ブログではその数々を紹介していきたいと思います。