毎日の家事って大変。ストレスをためない家事分担術!

家事分担術
家事分担術

家事は、本当に面倒で、だけど必ずやらなければならない物ですよね。

家族の中で誰かがやらなくてはいけないし、かといって誰か1人だけに負担をかけているとトラブルの原因になってしまいます。

この家事を上手くこなして行くことで、楽しい家庭を目指すことが出来ないかと考えました。

そして、家族で考えてうまくいった事例をご紹介します!

 

固定観念と小さな心づかい

お母さんだからとか、お父さんだから、お姉ちゃんだからという考え方をやめる事にしました。

そういう固定観念があると、どうしても家事が偏ってしまうと思ったからです。

それと、幾つかルールを決めました。

誰かが何かをしてるときは、何か出来る事はないか探すこと。

必ず、ありがとうと声を掛けること

です。

 

行動を合わせる事で会話も生まれ、好循環!

不平不満がうまれるのは、大抵の場合家事をしているときに、他の家族が何もせずに遊んだりしていると、「どうして私だけ」と思ってしまう事から始まります。

そんな気持ちを持たない様にするためにした事があります。

みんなで家事をする時は家事をする。

のんびりする時はのんびりする。

といったように、行動を合わせることで家族一緒の時間が増えて、会話も多くなった気がします。

こころなしか気持ちに余裕もできて、家族に優しくなれるようになりました。

また、子供たちに対しても、お姉ちゃんだからとか、そう言う言い方をしないようにしたお陰で、子供たちどうしが、話し合って協力して家事を手伝ってくれるようにもなりました。

 

家事の分担は押し付けでなくて、適材適所を見極める

ただ、みんなで色々な家事をしてみた結果、向き不向きがあることも分かりました。

苦手な事に挑戦する事も大事ですが、適材適所でてきぱきやって、それでありがとうと言われることで、それぞれ自信を持てるようにもなりました。

 

「ありがとう」は家族を笑顔にする

家族が共通して思っている事は、家族に笑顔が増えた事です。

家事の時に言ってくれる家族からの「ありがとう」の言葉が本当に良い影響をもたらしてくれています。

家族間だと馴れ合いになり、基本的な「ありがとう」や「ごめんなさい」といった初歩のコニュニケーションが希薄になってくる場合があります。

それも解消してくれた気がします。

 

家事は毎日の事ですから無理をせず、家族の協力を得ながらやっていけたら最高ですね。

家事分担術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「ノマドワーカー」兼「主夫」の「ノマ夫」として毎日楽しく暮らしています。日々の生活の中にある「ちょっとした幸せ」を大事にしています。 当ブログではその数々を紹介していきたいと思います。