二日酔いの解消方法はこれ!翌日のつらい頭痛、吐き気に効くアレ

二日酔い

 

めちゃめちゃ楽しかった前日の飲み会、翌日目を覚ますを地獄の二日酔いに襲われる時ってありますよね。

お酒の事を考えるだけで吐き気がしたり、もう一生お酒飲まないかも、と昨日の友が今日の敵になっていたりしちゃいます。

このつらい二日酔いの解消方法をご紹介しますね。

そもそも二日酔いってなに?

アルコールを摂取すると、体内で分解されアセトアルデヒドという物質になります。

このアセトアルデヒドが毒性をもっており、その影響で二日酔いの症状が発症すると考えられています。

 

つらい症状

二日酔いになると吐き気、頭痛、喉の乾き、倦怠感に襲われ、立つことさえできなくなります。

こういう時は「とりあえず水だ」なんて事で水を飲みますが、水さえも気持ちが悪くて吐いちゃう事もあります。

まずビニール袋の準備をしてください。

 

症状の原因

喉がカラカラな状態からわかるように、あなたの身体は脱水症状に陥っています。

言われてみると脱水症状を経験した事がある方ならわかると思いますが、症状が一緒です。

 

二日酔いの解消方法

二日酔い水分

先にも書いたように、身体が脱水症状を起こしているのでまず水分をとりましょう。

でも嘔吐が激しい場合には少しの水でさえも受けつけず、また吐いてしまう事もあります。

よく言われるのがスポーツドリンクですが、利尿作用があるためおすすめできません。

そんな時に活躍してくれるのが、経口補水液です。

最近は薬局に行くと、所ジョージさんのCMでおなじみの経口補水液として「OS-1 オーエス・ワン」が売られていますよね。

これを飲めれば間違いないのでしょうが、二日酔いの時って辛すぎで立つ事も歩く事もままならない場合があり、そんな時は正直薬局まで買いに行くのが不可能です。

 

経口補水液は簡単に自分で作れます

そうです。キッチンにあるもので経口補水液は自分で簡単に作る事ができます。

・水:1リットル
・砂糖:40グラム(大さじ4と1/2)
・食塩:4グラム(小さじ1/2)

ちなみに500mlで作る場合はこちらです。(二日酔いの時は計算も大変なので)

・水:500ml
・砂糖:20グラム(約大さじ2)
・食塩:2グラム(小さじ1/4)

飲みにくい場合はレモンやグレープフルーツなどの果汁をしぼると、飲みやすくなります。

これを少しずつ飲み、安静にしていてください。

睡眠をとる事も大変有効です。

私の体験としては、水は一切受けつけないのに、この経口補水液は不思議と受けつけてくれました。

 

とにかく休もう

二日酔いは睡眠

水分と睡眠を十分にとる事が何より有効です。

身体もつらいし二日酔いになってしまったらとにかくゆっくり休みましょう。

もし症状が全く変わらない場合は、二日酔い以外の可能性もありますので病院で受診される事をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「ノマドワーカー」兼「主夫」の「ノマ夫」として毎日楽しく暮らしています。日々の生活の中にある「ちょっとした幸せ」を大事にしています。 当ブログではその数々を紹介していきたいと思います。